「特単」をご存知でしょうか?

特単というのはアフィリエイトの「特別単価」のことで、同じ商品なのに通常よりも高い報酬をもらえるというもの。

今日は僕がいただいたアフィリエイト特別単価のお話をします。

スローペースな僕のアフィリエイト

僕はアフィリエイト報酬額を伸ばすペースがかなり遅い方だと思います。

特にある程度稼げるようになり、このまま行けば順調に金額を増やすことができると確信したあたりからはものすごくスローペースです。

なのでもし今それほど稼げていなくても、ガツガツ作業を継続することができれば数年後に月収50万円くらいになることは十分に可能です。

 

そんなスローペースな僕のやり方は、割と手広く思いついたことを形にして放置するスタイルです。

稼げるブログを最優先に育てるのが1番効率がいいですが、僕は多趣味な方だと思うので書きたいことがいくつかありました。

その中の一つに英語系のブログがあります。

アフィリエイトのVIP待遇「特別単価」をいただきました

この英語ブログも数ヶ月完全にほったらかしていましたが、先日そのブログから1件の問い合わせがありました。

このブログは僕が海外留学をしていた経験を活かして、英語を学ぶ方法だったりオンライン英会話レッスンを受けてみた感想などについて書いているものです。

もちろん内容は濃いものを書いていると思いますが、記事数は少なく20記事も書いていません。

 

そんなほったらかしのブログからあった問い合わせというのが、僕が扱っている報酬単価1000円のものがあるんですが、「同じ広告を報酬単価4000円にするからウチの広告に差し替えてくれ」というものでした。

広告はASPによって単価が違いますが、まさか4倍の価格で紹介できると思ってなかったので少し驚きました。

ちなみにそれはオンライン英会話の無料体験レッスンを受けるだけで報酬が発生するというもので、成約ハードルは低いものです。ただ1件あたり1000円と報酬額が低いので、本当にお小遣い程度の報酬でした。

このブログはほったらかしでしたが毎月10件弱の成約がありました。これが4倍になるだけでなかなかの金額になります。

クローズドASP

そのASPはクローズドASPと呼ばれていて、向こうからアプローチがある場合や誰かに紹介してもらわないと入れないようなASPです。

だからこその高単価という側面も強いですが、全ては僕がブログを作っていたからこそ舞い込んだ話です。

今僕が何を言いたいのかというと、「種を蒔いておいたから芽が出た」ということです。

アフィリエイトだけでなくなんでもそうかもしれませんが、可能性は種をどれだけ蒔いたか、それぞれをどれだけ育てたかで結果が決まります。

一つに水をやってどんどん育てるのもいいですが、いくつも種を蒔いておけばそのどれかがある日パッと芽を出すこともあるんだなぁと再確認しました。

どんな方法でも稼げるようにはなる

どんな方法で作業をしていくにしても、続けていれば今回の特別単価のようにチャンスが舞い込んできたりします。

そしてチャンスが舞い込んでからしか見えない成功への別れ道もあります。

例えば僕は今までこの英語ブログをほったらかしにしていましたが、今回の特別単価をもらったことで最優先として育てていくという道もあると思います。

結局は上手くいくまで、上手くいくチャンスを掴むまで作業をすることができればアフィリエイトで稼ぐことができるようになるんだと思います。

何も行動に移さない、すぐに辞めてしまう、それだと出る芽も出ません。

僕の友人もチャンスをつかみました

僕の友人もアフィリエイトを始めて趣味に関する記事をコツコツ書いていたら、ある日ASPには出回っていない商品の販売者さんから連絡があり、その販売者さんに「私のブログであなたの商品を紹介させてください」と頼んでみたところ、完全なブルーオーシャンでアフィリエイトを始めることができました。

その友人はまだまだ月に3万円程度だそうですが、がっつり作業をしていけばその商品だけで月収数十万円は稼げるでしょう。

 

もちろん中々芽が出ない種もあります。

芽が出るまで水をやるのか。芽が出やすい種をいくつも蒔くのか。

どんな種でもだいたいは芽が出ます。どんなブログでも稼げるようになります。

その金額が大きくなるかどうかはまた別の話なので、この種は大きくなるのかな?という相談だったら僕でよければいつでもお聞きしますので気軽にメールしてください^^

ということで今回は少しVIP待遇のアフィリエイト特別単価というものもあるというお話でした。

無料メールマガジン【check!!】

初心者マーク

アフィリエイト初心者の方に向けてメールサポート+不定期メルマガ発行をしています。もちろん完全無料!プレゼントも用意しているので「それだけ欲しい!」といった場合もお気軽にどうぞ^^♪

無料メールマガジン