パソコンの画面

なんとかプラマイゼロくらいで終われた月曜日

今日はなんとかプラマイゼロくらいで終われた。といっても少しマイナスだったところに最後ラッキーでプラスできたギリギリのプラマイゼロ。ふむ。

【広告】

上手く行かないときは誰かに頼りたくなる

思ってたことが上手く行かなかったり、自分なりに考えて見つけた根拠を信じてエントリーしているのに連続で逆行するようなことがあると、「これ本当に安定して勝てるようになるのかな?」と自信をなくしてしまう時がある。

もちろん誰もが簡単に勝てるようになるとは思っていないけど、あまりにもテクニカルが通用しないことが続いてしまうと、「誰でもいいから安定して勝てる方法教えてくれないかな?」と思ってしまう。

そんな弱い気持ちを振り払い、落ち着いて今日のトレードを振り返る。

長い目で見た相場がレンジだった

先週初めは分かりやすい上昇トレンド→先週終わりから今日にかけては相場が上位足で横ばい、移動平均線の上をウロウロしている状態だった。

短期足でトレンドっぽい形になっても、上位足でのチャートと向きが揃っていないため、スイスイとトレンドが発生しないという感じがした。

長期足で見たときに横ばい、上昇から下降へ変わる期間は、分かりやすいトレンドは発生しにくいのかもしれない。短期足がすごくいい形になっても、見えない大きな流れがあるせいでそれがグチャッとするような。

だからトレンドにも乗れないし、乗ったと思ったらすぐに勢いがなくなりトレンドもほとんど発生しない。こーゆうときは利確するpips数を少し小さめにするとか、トレンドが発生しやすい時期とは違ったトレードをした方がいいのかも。あとはトレードしないとか。

経験を積みながらトライアンドエラーを繰り返すしかない

前述の原因でトレードが上手く行かなかったのかどうかは分からないけど、こうして落ち着いて分析して、経験を積みながらトライアンドエラーを繰り返すしかない。

あとlot数は小さくするべき。安定して勝てるようになってから始めてお金を稼ぐという感覚も持ってもいいのかも。今は投資でお金を稼いでいるのではなく、運に左右される投機的な部分が大きい。

もちろん逆指値はしっかり設定して大きくお金を失うことはないけど、毎日安定してプラスで終われるようになるまでは小さいロットで…

でも負けている分を取り返したくて大きなロットでしたくなる…

これはやっぱりまだ短期的に取り返そうとしているからであって、もっと何ヶ月もかけてゆっくり確実に取り返していく気持ちで取り組めば小さいロットでも真面目にトレードできるかもしれない。

   
コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です