パソコンのキーボードの上に置かれた小さな工事中の立て札

引き続き悪い傾向…初心者はスキャルピングよりトレンドでデイトレード?

きっちりテクニカルで分析して損切りするより、上昇トレンドの途中で適当にロングした方が勝てる。

もちろん一旦下げるときがあって、そこで損切りしないといけないのはわかってる。じゃないと果てしなく下がってしまうときがいつか来る。というか経験済み。

【FX初心者の失敗体験談ブログ】-40万円の大損…!重要指標発表で学んだこと

だけど明らかな上昇トレンドの場合、下がりそうだなという動きがあっても予想に反して上がってくる。

ロングでポジションを持ったもののマイナス方向へ行ってしまっても、損切りせずに待っていれば結局大きなプラスに。

今までは4~10pips取ろうとして逆行して3~7pips損切りばかりしてた。それが損切りをせずに待てばマイナスはゼロに、プラスは大きく50pips取れたりする。

【広告】

初心者はスキャルピングよりトレンドでデイトレード?

「初心者はスキャルピングでコツコツ取っていくのがいい」とよく聞くけど、テクニカル分析しても逆行してばかり。狙っているたった数pipsが全然伸びないのに、損切りの数pipsは簡単に進む。

それだったら、損切りをしないというか、損切り幅を広くもたせてデイトレードでトレンドに乗った方が上手く行くんじゃないかと思うようになった。

一般的にスキャルピングの損切りは数pips、デイトレードの損切りは数十pipsなんだろうけど、僕はギリギリの損切り幅が見極められないため100~200pipsに”一応”損切りラインを置いている。

ただ、長期的に見て上昇トレンドだったら200pipsも下がることはそうそうないから、なんとなくのトレンドさえ読み違えていなければ損切りになることがあまりない気がする。

トレンドは転換したところを狙うと読み違えるから、明らかに長期的なトレンドに入っているところで何も考えずにトレンド方向にエントリーをする。

トレンドはチャートで色んな時間足で見るのはもちろんだけど、各業者が用意しているニュースっだったりツイッターだったりを見てそれに乗っかる。この場合気をつけないといけないのは、トレンドが終了してレンジ相場になるところだけ。

投げやりトレード

こんなやり方でいいのか怪しいし、投げやりなトレードをしているのは自覚している。

これだとそのうちコツコツドカンでやられるやつなのかなぁと思いながら、手探りでトレード。うーん。

結果は勝っているのに成長の実感や戦略がハマった感じが全くないこの状態って危険な気がするな。

   
コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です