wordpress

さくらサーバーで「500 Internal Server Error」が頻発する原因

さくらサーバーを使っているとブログがよく「500 Internal Server Error」というエラーを吐き出す。

リロードすればちゃんと変更した点も反映はされているから問題ないんだけど、数回に一回エラーになるとストレスにもなるし、なによりせっかく誰かが見に来てくれてもエラーが出たことで見てもらえなくなってしまう。

だけどググってみても「CGIや.htaccessの書き換えが原因~」というものが多く、そんなものは触っていないしどれもピンとこない内容だったのでさくらサーバーに直接問い合わせてみた。

【広告】

さくらサーバーで「500 Internal Server Error」が頻発する原因

以下、問い合わせの返信内容。

■500 Internal Server Error について

ご利用サーバについて確認いたしましたところ、メモリ使用量の上限に達したため、プロセスが強制終了されている記録がございました。

~中略~

プロセスの強制終了により、「500 Internal Server Error」がサーバより返されております。

本サービスでは多くのアクセスにも耐え得るよう、サーバ環境を設計・構築しておりますが、1ユーザがサーバリソース(CPU、メモリ、ネットワーク帯域等)を独占することの無いよう、サーバ資源の利用について弊社にて予め調整させていただいております。

※詳細なしきい値については、悪用を防ぐため非公開とさせていただいておりますが、メモリ使用量の目安として「200MB」にて運営くださいますよう、お願いいたします。

不要なプラグインや、メモリ使用量の多いプラグインを無効することで問題が解決する可能性がございますので、ご利用のプラグインをご確認、ご対応いただけますでしょうか。

ということで原因はどうやらメモリ使用量の上限オーバー。サーバのディスク使用量は少ないので大丈夫だと思っていたんだけど、プラグインなどが増えたことによるプロセスの肥大化が問題とのこと。

ワードプレスを使っているとついつい便利なプラグインをたくさん使ってしまいがち。とはいってもたかが知れている数のプラグインなので、「月額500円のさくらサーバの限界」に触れたような感じ。

さくらサーバー500エラーの解決策

この問題の一番シンプルな解決方法は、残念ながらサーバを引っ越すこと。

さくらサーバ安いし好きだったんだけど…やっぱり引っ越すしかないか、月額¥1,000で快適になるのなら。

ということで、WordPressをものすごく高速化してくれるおすすめサーバーのMixhostに引っ越しました。

こちらはたった月額880円~で明らかにサクサク動いて快適過ぎる環境になるのでおすすめ。もっと早くサーバー引っ越しすればよかった…

WordPressおすすめサーバー【Mixhost】が最新で最強!!

WordPressサーバー引っ越し備忘録とエラーまとめ

   
コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です