パソコンのキーボードの上に置かれた小さな工事中の立て札

wifiのa(5GHz)だけ突然消えた!原因はルーター親機

wifiの無線にはa(5GHz)とg(2.4GHz)2種類あることが多い。そしてa(5GHz)の方が速いということでずっとそちらを使っていた。ところがある日突然a(5GHz)だけが消えてしまいwifiに繋がらなくなった。g(2.4GHz)はあるからwifiに繋ぐことはできるけどやっぱり気持ち悪い。

【広告】

wifiのa(5GHz)が消えた原因と解決法

原因はスマホやタブレットではなく、無線ルーターの親機。

今回のように「g(2.4GHz)はあるのにa(5GHz)だけが突然なくなってしまった場合」は以下の方法ですぐに解決した。

【設定画面をかんたんに表示する方法】最短で表示する方法です。まずはお試しください。
ブラウザー(IE、Safari、Chrome等)のURL欄に半角で無線親機のIPアドレス(初期値:192.168.11.1)またはhttp://192.168.11.1/と入力する。(左記リンクをクリックすることでも表示できます)
ログイン画面が表示されたら、[ユーザー名:admin パスワード:password] あるいは[ユーザー名:root パスワード:(空白)]を入力すると、設定画面が表示されます。
※スマートフォンから192.168.11.1で表示できない場合は、スマートフォンで無線親機のIPアドレスを確認し、設定画面を表示する方法(iPhone編 Andorid編)をご覧ください。

引用元: 無線親機(Wi-Fiルーター)の設定画面を表示する方法がわかりません

上記の通り、まずはhttp://192.168.11.1/をクリックして無線ルーターの設定画面を開き、ログインする。

次に「詳細設定」→「無線設定(5GHz)」を選択。その中にある「無線チャンネル」という項目が最初は「自動」になっている。これを「40」に変更してページ下部にある「設定ボタン」をクリックして更新。

これだけでa(5GHz)が復活した。

ルーターの種類によって少し違いはあるかもしれないけど、とにかく原因はルーターの無線チャンネルである可能性が高いため、5GHzの無線チャンネルを40にすることができればいいと思う。

ルーターが自動で設定を変更してしまうことがある

何かのタイミングでルーターが自動で設定を変更してしまうことがある。だけどiPhoneやandroidスマホ、iPadなどのタブレットでは読み取れない無線チャンネルがあるため、ルーターの自動変更が原因でスマホやタブレットからwifiが消えてしまったというのが今回の顛末。これを手動でスマホタブレット向けのチャンネル40に設定することで再び読み取れるようにした。

ちなみに今回仕方なく2.4GHzを少し使っていて気づいたことがある。「5GHzの方が速くて優れている」と思っていたけど、障害物が多い環境では2.4GHzの方が電波が届くという面もあるみたい。今までa(5GHz)だと別の部屋に行ったときにwifiが途切れてしまうことがあったけど、g(2.4GHz)にしていることでwifiマークがしっかり届いていた。

g(2.4GHz)は電子レンジなどで影響を受けてしまうということで全く使っていなかったけど、今回の件で2.4GHzにもメリットもあるということを知った。スピードもそこまで変わらないため、ルーターが置いてある部屋から離れてwifiをよく使いたまに接続が不安定になるのが気になっているのであれば、あえてg(2.4GHz)にしておいた方がいいのかもしれない。

以上、スマホやタブレットでwifiのa(5GHz)が突然消えてしまった場合の原因と対処法でした。

   
コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です