1つの独自ドメインにサブドメインを割り当てて複数サーバーでWordPressブログを作る

1つの独自ドメインにサブドメインを割り当てて複数サーバーでWordPressブログを作る。これが意外とややこしかった。

今回の状況は、

  1. ムームードメインで取得したドメイン「hogehoge.com」があった
  2. wpxクラウドサーバーで「aaa.hogehoge.com」としてWordPressブログを運営していた
  3. そのドメインにもう一つ新しいサブドメイン「bbb.hogehoge.com」を割り当てて、別サーバー(スターサーバー)でWordPressをインストールしたい

という状況だった。

結論から言うと、ムームードメイン側の設定「ムームーDNS」にてそれぞれのサブドメインに別サーバーのIPアドレスを割り当てるという方法で解決した。

「ドメイン側でDNSを設定する」と聞くと大変そうに聞こえるが、これはそんなに難しくない。

ムームードメイン側で「aaa.hogehoge.comはこっちのサーバー、bbb.hogehoge.comはこっちのサーバーで使うよ」という指示をするだけだ。ムームーDNSの設定について詳しくは後ほど。

【広告】

まずは新しいサーバーにもドメインを追加する

すでに運営しているサーバーには、親ドメインである「hogehoge.com」とサブドメイン「aaa.hogehoge.com」が追加されている状態。

別のサーバーで新しいサブドメイン「bbb.hogehoge.com」を使うために、まずは新しいサーバーにも親ドメインの「hogehoge.com」を追加する。

今回はwpxクラウドを使っていたせいでこの工程がややこしくなった。新サーバーに親ドメインさえ追加できれば後は簡単なんだけど。

ドメインの追加とネームサーバーの設定

ドメインの追加をする際に必要な認証作業には以下のようなものがある。

  • whois認証
  • web認証
  • メール認証

「web認証」を使おうと思ったんだけど、wpxサーバーだとこれが上手くいかなかった。そのため今回は「無理やりwhois認証をする」という力技になった。

一瞬ブログが表示されなくなる力技だよ

ムームードメインのドメイン設定ではhogehoge.comがwpxサーバーに向いている状態だった。

ネームサーバー1「ns1.wpx.ne.jp」
ネームサーバー1「ns2.wpx.ne.jp」
ネームサーバー1「ns3.wpx.ne.jp」

「whois認証」でドメインhogehoge.comをスターサーバーに追加するためには、ネームサーバーをスターサーバーに向けなければいけない。

ムームードメインのネームサーバー設定で、以下のようにhogehoge.comのネームサーバー設定を新しい方のスターサーバーに向ける。

ネームサーバー1「ns1.star-domain.jp」
ネームサーバー1「ns2.star-domain.jp」
ネームサーバー1「ns3.star-domain.jp」

このように変更してしまうと、すでに稼働しているwpxのブログaaa.hogehoge.comにはアクセスできなくなるため素早く作業を進めなければいけない。

ネームサーバーをスターサーバーに向けたら、スターサーバーで親ドメインの追加・サブドメイン「bbb.hogehoge.com」の追加をしておく。

サブドメインをそれぞれ別サーバーに向けるムームーDNSの設定

次にムームードメインの「ドメイン管理→ドメイン操作→ムームーDNS」を開き、「設定2」の項目を変更していく。

ここで「aaa.hogehoge.comは以前のwpxサーバーで使ってますよ、bbb.hogehoge.comは新しくスターサーバーで使いますよ」という指示をする。

ここで設定する項目は「サブドメイン」「種別」「内容」の3か所。

今回は「aaa.hogehoge.com」「bbb.hogehoge.com」の2つのサブドメインをそれぞれ別のサーバーに向ける設定のため、2列を以下のように変更。

  1. 「サブドメイン」という箇所にそれぞれのサブドメイン「aaa」「bbb」を入力
  2. 「種別」は「aaa → A」「bbb → CNAME」にしておく
  3. 「内容」はそれぞれのサーバーIPアドレスをコピペ

種別をちゃんとこのように分けておかないとbbb.hogehoge.comは表示されない。

内容に記入するサーバーIPアドレスは、それぞれのサーバー管理画面「サーバー情報」に分かりやすく表示されているのでそれをコピペ。

まとめ

以上でそれぞれのサブドメインを別のサーバーで運用できるようになる。

さらにサブドメインを増やす場合はまた同じようにムームーDNSに追記していかなければいけない。

やっぱりマルチドメインの運用は1つのドメインを1つのサーバー内でサブドメインやサブディレクトリとして利用するのがシンプルで簡単だということが分かった。

【広告】
   
コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です