【Jetpack】Google+の投稿共有範囲を「一般公開」にする方法

WordPressのプラグイン「Jetpack」は高機能なプラグインです。できることがありすぎて僕みたいにあまり使いこなせてない感を感じている人は多いと思いますが、中でも「パブリサイズ」というSNSに自動投稿してくれる機能を目当てにJetpackを入れているという人もいるでしょう。

ですが共有設定をした後、FacebookとTwitterには上手く投稿されるのにGoogle+の投稿の共有範囲がデフォルトでは「自分だけ」になっています。ブログ更新して自動投稿して自分とだけ共有していても意味ないのでこれを一般公開にしようと思ったのですが、ややこしかったのでその方法を解説します。

 

【広告】

「ぐぐたそは変わろうとしている…!」

最初ググタス(Google+)のタイムラインにある自分の投稿を見ていて「あなたとだけ共有しています」という文字を見たときにはビビりました。それ共有できてないやんっ(゜-゜)!

そしてなんとなく探してみても投稿の共有範囲の設定画面になかなか辿り着けません。ググってみても少し前の情報しかなく、今はそれらの設定項目が変わってしまっているのかそれらしい部分がありませんでした。

ちなみにググタスが進化している途中みたいで常に色々と変わっているらしく今回見つけた設定画面も「作りかけ感」が前面に押し出されていました。以下手順を解説しますがこの画面もいつ変わるか分かりません。

 

Google+の投稿共有範囲を「一般公開」にする方法

まずはGoogle+にアクセス後、左メニューにある「設定」へ。
Google+トップページ

次に画面上部にある「探している設定が見つからない場合は、以前の Google+ に切り替えてみてください」というところから以前のググタス設定画面へ。以前のというか新しい方にもちゃんと設定項目用意してよ!(゜-゜)
設定画面その1

以前のGoogle+設定画面になったら中ほどまでスクロールしていって「アプリと投稿への+1を管理」というボタンを押します。
以前のGoogle+設定画面その1

するとものすごく横長の分かりにくい画面になります、グーグル先生もきっとお疲れなんでしょう\(^o^)/Jetpackで共有設定をしてれば画像の通りアプリに「WordPress」と出ているはずなので、一番右にある「編集」をクリックします。
以前のGoogle+設定画面その2

するとアプリの状態が表示されている画面になるのでもう一度編集を押します。画面ではすでに設定後なので公開範囲が「一般公開」になっていますが、最初は「自分だけ」になっていると思います。
以前のGoogle+設定画面その3

そして一般公開にチェックをして左上の「完了」を押せばOK。
以前のGoogle+設定画面その4

 

以上です。

全体的に「横に長すぎて見づらいわ!(゜-゜)」ですけどまあすぐに直してくれるでしょう、たぶん。ということで今回はJetpackのGoogle+投稿共有範囲を一般公開にする方法でした。

   
コメント (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です