FX初心者が成行ではなくOCO注文を使うべき3つの理由

今回初めてOCO注文を使ってみた。

エントリーはいつも通り成行注文で、同時に損切りと利確の決済注文を出すことができる。なんか複雑そうだと思っていたけど、FX初心者こそOCO注文を使うべきだ。

【広告】

FX初心者が成行ではなくOCO注文を使うべき3つの理由

この注文方法ですごく良かったことが、以下の3つ。

  1. 騙されなくなる
  2. そのトレードの価値が視覚化される
  3. 時間的・精神的に余裕ができる

騙されなくなる

1つ目は、こうすることで騙されることがなくなる。つまり相場の限定的な反発などに惑わされることなく、最初にしっかり時間をかけたテクニカル分析のみでトレードすることができる。

そのトレードの価値が視覚化される

2つ目は、損切りのラインと利確のラインがはっきり見えることで、そのトレードをする価値があるかが視覚化される。

損切り幅より利確幅が狭いようなメリットの少ないトレードをしなくなったり、損切り利確幅がほとんど同じくらいならやめておこう、と冷静に判断することができるようになった。

時間的・精神的に余裕ができる

3つ目は、時間的にも精神的にも余裕ができたこと。

注文時に損切りと利確注文をしておくことでチャートを見ていなくてもよくなり、機械的なトレードができるようになった。

負けた分を取り返さないと!など、感情的にトレードしてもいいことはほぼない。それがOCO注文をすることで、最初の決断を信じてあとはチャートを全く見ない、ということもできるようになり、時間的にも心にも余裕ができて楽になった。

デイトレードとOCO注文

デイトレードとOCO注文は相性がいい気がする。

スキャルピングでもOCO注文はできるけど、瞬発力が必要なスキャルピングでは一々指値逆指値を入力していられない。

毎回固定したpips数でOCO注文することもできるけど、損切りと利確の幅は毎回変わってくるはずだからそうもいかない。

これがデイトレードだと、毎トレードで分析に時間をかけている分、損切りと利確ポイントを明確に決めてからエントリーすることができ、そこでOCO注文を出すことで最初の分析通りに機械的にトレードができる。

OCO注文なら、寝るときや何時間もチャートが見れないときだってポジションを持つことができる。これからガンガン使っていこう。

【広告】
   
コメント (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です