超絶おすすめ!マイクロソフトのエルゴノミックキーボードSculpt Ergonomic Keyboard(US配列)

日記

Sculpt Ergonomic Keyboard US

僕が愛用しているキーボードは、マイクロソフトのSculpt Ergonomic Keyboardというやつ。

日本語じゃなくUS配列キーボードというところがポイント、US配列の方が圧倒的に使いやすい。

しかもこのキーボードはタイピング時の打ち心地が非常に良く、手首も痛くならない人間工学デザインとなっている。超絶おすすめ。

広告

マイクロソフトのエルゴノミックキーボードSculpt Ergonomic Keyboard(US配列)

マイクロソフトのエルゴノミックキーボードSculpt Ergonomic Keyboardには日本語のやつもあるから注意が必要。US配列はこっち。

US配列キーボードはこのように、バックスペースやエンターの形が横長になっていて使いやすい。

最初僕はこのマイクロソフトの日本語配列Sculpt Ergonomic Keyboardを購入したんだけど、今まで使っていたのがUS配列だったから使いにくいと思っていて、後からUS配列のやつもあると知った。それからわざわざ返品してUS配列のものを新しく買った。それくらいUS配列の方が圧倒的に使いやすい。ちなみに返品したけどちょっと使っちゃったからあんまりお金返ってこなかったよ。

Sculpt Ergonomic Keyboardのアームレストカバー作ったよ

このキーボード、アームレストと一体型になっている。素材感もすごく良くて、とにかく最強のキーボードだと思う。

ただ一点、このアームレストが取り外せないのがデメリットだと感じる。これ取り外せるようにして交換アームレストとか別売りにしたり、アームレストカバーとか売ればいいのにと思っていた。特に夏とか汗かいたらめっちゃ汚れるだろうし。

とりあえず僕はSculpt Ergonomic Keyboard専用のアームレストカバーを自作した。100均の「ピタッと張り付く便座カバーシート」で。

作り方

  1. アームレストの上に便座カバーシートを片方置く
  2. 形に合わせてマジックやペンで下書きをする
  3. それに沿ってはさみでカット
  4. ピタッと張り付く面のフィルムを剥がして設置
  5. できあがり

片方しか使わないから100円で2回分という最高のコスパ。カラーバリエーションも豊富だから、あなたのセンスが光るSculpt Ergonomic Keyboard専用のアームレストカバーを作ってね♡(便座カバーシート)