英語は、日本語とは違う文化から生まれた言葉

そこを理解しないまま英語を「勉強」しているから日本人はいつまで経っても英語が話せない。

 

例えばワーホリで海外生活をしていたある日、僕と友達のT君(海外初心者)との間でこんな会話になりました。

T君「Thanks って Thank you と同じ?」

サクラ「うん、まあ”ありがとうございます”じゃなくて”ありがと”って感じかな?」

T君「そっか、じゃあなるべく Thank you って言おう!」

 

のような感じの会話。

このときすごく違和感があったんです(´・ω・`)

違う国の言葉を学んでいるのにそれを自国の文化に当てはめて勉強している。

それが「日本の英語教育」なのかな?と。

 

 

この Thanks と Thank you の場合、

Thanks と言える方が仲良くなるだろうし、むしろフレンドリーに言うからこそ仲良くなるという部分があるのに、それを日本的な頭で「丁寧に言ったほうが好印象」と考えてしまうと誰かと仲良くなるチャンスを逃してしまうかもしれない。

それだけではなく他言語を学ぶとき、その国の文化を意識せずにいると”自分の国の文化にないような言葉”はとっさに出てこない。

 

簡単なもので言えば

英語の「Have a good day. – You too.」

のような会話。

 

日本でも「良い一日を」と言わなくもないが、日常的に言うことじゃありません。

「You too.」と返事をするのも慣れてしまえば簡単だけど、海外へ行くことなく一人で英語を勉強していた人が留学していきなり「Have a good day.」と言われ「You too.」と切り返せるかというとなかなか難しい。

 

 

そこで以前このブログでもお話しした、「英語人格」をイメージすれば英語を学ぶのがより親しみやすいものになります。

日本人がイメージする「ザ・アメリカ人」みたいなものをイメージして英語を話すように(・ω・)

 

 

ということで、英語を勉強していて「丁寧で正しい言葉を話す日本人」からなかなか抜け出せずに伸び悩んでいる人は、これを意識してみれば一気にスランプから抜け出せるかもしれないよ、お試しあれm(__)m