オーストラリアに渡って初日、行き先もあても何もない状態で渡豪し、到着時に残金$500(約5万円)ちょっとという状態でなんとかバックパッカーズを見つけ、宿を得たことに安心したサクラは

「なんとか野宿は免れた…英語分からないのに宿ってとれるもんなんだな。」

と思いながら、その安堵と心地よい一日の疲れからすぐに眠りについた。

 

そして翌日の朝…。

 

ドンドンドン!!!
ドンドンドン!!!

 

シーン…

(カチャカチャ…)

 

 

ガチャッ!!

 

 

ティリリッ!♪

「インドネシア人が現れた!」

テレレッ♪テレレッ♪テレレッテレレッテレレッテレレッテレレーテレレレレー♪

 

ティリリッ!♪

インドネシア人
「assdv;al;utaotuvapuwp9n3v vavewaa!!!!!」

「インドネシア人が何かを言っている!」

 

ティリ!♪

サクラ 混乱 HP 50/50 EP 1/3

  • たたかう
  • アイテム
  • まほう
  • 逃げる

 

「・たたかう←」 ティリッ!♪

 

「サクラの攻撃!」

サクラ
「きゃ、キャナイステイ、ワンモアナイト?」

 

ティリリ!♪

「インドネシア人の反撃!」

インドネシア人
「NO!!」

 

バババッ!!!

「サクラに40のダメージ!」

 

 

 

…「いやいやなんでやねん!!Σ(゚д゚|||)」

って言いいました、心で。

 

とりあえずしぶしぶ部屋を出て受付のかわいいオージーの金髪碧眼お姉さんに聞いたところ「その部屋は次の予約がもうあるので部屋を移ってくれたらいいわ」とのことでした。

あいつ(彼)もそう言ってくれればいいのに!!(゜-゜)←たぶん言ってたんだよ

そして何を言ってるか全然分からない中お姉さんに優しく教えてもらい、さらに「ケータイないならあそこにボーダフォンあるよ」的なアドバイスまでくれ、言われたとおり(?)行ってみるがたどり着けない。

朝からテンパらされて午後にも道に迷いテンパる、2日目はそんなテンパりデイだったとさ。

 

あ、ちなみにテンパーは英語では機嫌って意味だよ!in a temper で機嫌悪いとか短気とかになりますよ!

というついでにワンポイントでした!!ヽ(´ー`)ノじゃあねー