日本人が話す英語は下手というかアクセントがあり特徴的で、聞くだけで「あ、これは日本人だな」と分かることが多いものです。

ですが誰でも「音」を正しく理解すれば当然英語ネイティブのようなキレイな発音になります。そこで今日は日本人の英語発音矯正に関するお話を(・ω・)

 

「R」は舌を巻かない。

例えば「R」という音。

「舌を巻く」とよく言われますが、厳密に舌や口がどういう形になっているのかを知っている人は意外と少ないでしょう。

Rの音は別に舌を巻く必要はないんです。

 

じゃあどうするかというのは言葉で説明するのが難しいのですが、それを「見るだけで理解できる」いい映像がありました。

 

ネイティブの口の中の映像
英語発音矯正「ネイティブスピーク」

↑トップページにて「R」の映像だけ無料で見ることができます。

 

当然そんなの知らなくても、発音が下手でもある程度言葉というものは伝わります。

ですが目指すところが「英語ネイティブの様なキレイな発音」なのであれば、なんとなく聞いたまま真似するよりもこういった「口の中や舌の形を知る」といったところから学ぶのが一番簡単な方法でしょう。

このように正しい音を一つ一つしっかりと意識していくことが最短の発音矯正法です。

 

口の中を見ることができる映像

そういった「口の中の形を教えてくれるもの何かないかな?」と以前から思っていたのですが、最近オンラインで前述のネイティブスピークを見つけました。

英語ネイティブが話すときの口の中の形を3Dの映像にして見ることができるというということをコンセプトにしていて、一つ一つの音がすごく分かりやすく解説されています。

音というものは聞いてマネすることも大事ですが、発音矯正に関してはこの口の中の映像を目で見るのが一番早いと思います。

 

「日本人英語だ」と言われないために

どうせ英語を話すなら下手に「この人英語話してるけどやっぱり日本人って感じだなー」と思われるよりも、かっこいいキレイな英語を話したいですよね?

単語や文章は話しているうちに話せるようになってきますが、残念ながら発音に関しては「なんとなく上手くなっていく部分」ではありません。

なので発音矯正をしたいのであればそのための努力をしなければいつまでたっても「日本人の話す英語」です。

 

といってもそれはそんなに大変なことではありません。

日本人の多くはただRの発音をするときの「口の中の形」を知らないだけなのです。それさえ分かってしまえばちゃんと英語ネイティブと同じ音が出せます。

キレイな英語を話したい!という人は一見の価値ありです^^

英語発音矯正「ネイティブスピーク」