日本人の英語が上達しない理由。

高校で習った英語の授業を覚えているかいないか程度の僕が、人生初海外であるオーストラリアに到着してしばらくしたとき。知り合ったオーストラリア人に言われて衝撃的?だったことがあります。

 

「だから英語を話せないんだよ。」

 

 

…まあこれは僕を直接責めたわけじゃなく、日本人全体を指して言ったことなんですが。

 

内容は簡単に言うと、

「話せるようになってから話したい。それじゃいつまでも上達しない。」

 

という、当時の僕にはまさに図星なことでした。

 

 

日本人は真面目なので(英語教育も原因だけど)正しい英語を使いたがります。

ですが実際は日常で「正しい文章を使うこと」なんて滅多にありません。

 

「私は今日カフェでおいしいコーヒーを飲みました」

なんて友達に言わないですよね?

 

「今日カフェ行ってんけどそこのコーヒーおいしかったわー」

みたいな感じで、日常では崩れた文章がむしろ通常です。英語でも一緒で主語を言わなかったりします。

 

 

なので今まさに英会話の勉強をしていて、「もう少し理解してから話す機会を作ろう」と思っている人はそのベクトルを見直すべきかもしれません。

 

もちろん単語はたくさん知っている方がいいですが、文法に関しては正しい形を頭に叩き込んでも無駄です。

学者を目指しているなら話は別ですが、友達と喋るようにただコミュニケーションを取りたいのなら、その「正しさ」がかえって「他人」の距離を保ってしまうので仲良くもなり辛いです。

つまり一人で「英語を勉強」していても全然良いことなんてないので、その時間を別の方向に使いましょう。

 

 

話せるようになるために

オーストラリアに渡って直後の僕は、しばらくの間「英語が話せないせいで話す機会がほとんどない」という状態でした。

 

ですが、「このままではダメだな」と思っていた頃にタイミングよく(?)ネイティブの友達ができました。

その友達と会話することが出来たおかげで僕の英語力は急に伸び始めました。

 

それでもいきなり話せるようになったわけじゃありません。ちゃんと意識していたことがあります。

 

それは、「会話していて上手く言えなかったことを二つ、次回までに調べておいてすぐ使う。」という方法。

 

分からないことを見つける→学んだらとりあえず一度使う

この二つが大事なことだと経験から学びました。

 

 

僕は“語学は自分が話すことで出来るようになるもの”だと実感しました。小さい子供だって初めはでたらめにいろいろ喋りながら言葉を覚えていきます。それと同じでまずは自分が使ってみることが大事なのに、多くの日本人は海外にいたとしてもスピーキングに抵抗を感じています。

ですが、その「スピーキング」という重い一歩目を前に出せば後は驚くほど速く上達していきます。

 

でも、実際に「話してみよう」となるとそう簡単にはいきません。日本にいればなおさら難しいことです。その機会をどのようにして作るか。

僕も日本に帰ってきて英語を使うことがなくなってしまったのでどうにかして話したいと思っていたのですが、つい最近ちょうど良いものを見つけました。

「スカイプで英会話」というやつです。

知ってる人も多いとは思いますが、もちろんこれは英会話スクールなので入会金や受講料がいります。

 

ですが、大体どこのスクールにも「無料体験レッスン」があり、たくさんのスクールがその体験レッスンを行っています。

無料で家にいながらPC一つで英語の会話が出来るということで今も重宝しています。さらに相手はプロなのでしっかりと教わることも出来ます。

その話は↓こちらの記事で詳しくお話ししているので興味があればどうぞ(・ω・)

 

まとめ

英語は話さずして上達しないので、スピーキングの機会を自分から作り「行動を起こす能動的な姿勢」で取り組めば、”英会話をする”ということは思っているより難しくありません。

教科書とノートで勉強することをやめて典型的な”英語が話せない日本人”を卒業してしまいましょう。