you guys

これも日本ではあまり聞かないと思います。すでに海外にいる人、海外ドラマを字幕などで見ている人は頻繁に聞くでしょう。

意味というか、これは「みんな」と呼びかけるときに言います。

 

そもそもyouは単複同じです。
なので、帰り際に「じゃあねみんな」は「see you」でいいのですが、「see you guys」にするとちゃんと全員に向かって言ってる感が出ます。

guysは男達を指す言葉ですが女の子にも使います。

あと「この後いつものクラブに行くか」をみんなに尋ねる場合、「are you going to the club?」だと誰に向けて聞いてるの?と思われがちですが、「are you guys going to the club?」にするだけで「みんな」感が出ますよね。

 

昔はyouの単数形があったそうですが(今も宗教的な場合は使うみたいだけど)、貴族とか偉い人には複数形で呼びかけていたり、「あなた個人は」という直接すぎる表現を抑えるためだったり、諸説あるみたいですがまあ濁した感じですね、それで一人でも複数形で呼びかけるようになったみたい。

だからyou には they 等と同じ are が使われるわけです。

 

というトリビアで今日はお別れです、see u guys~~!\(^o^)/