日常会話ではよく出てくるこの「You know」

いたるところで使われるので海外にいたり洋画なんかを見る人には馴染みある言葉ですが”あまり聞いたことがない” という人も多いはず。ちなみに僕は海外で初めて聞きました(・∀・)笑

これはそのまま「あなたは知っている」という意味ですが、とても便利な言い回しです。

 

使い方

例えば、

「最近○○ってブランドの店が○○にできたんだけどそこの服が~」みたいな話し始めだとちょっとやらしさが出ます(・∀・)笑

そこで冒頭に You know と置くことで、「知ってると思うけど」とか「あなたの知ってる通り」のように相手を肯定しつつ先の文に繋がるのでワンクッション置いて話が出来ます。

英語は基本的に表現がストレートになりがちなのでユーノウはそれを柔らかくするような使い方がほとんど。

 

にごすときにも使えます

あとは話をしている中で言葉に詰まったとき、

「なんていうのかな、こう…」みたいな場面で意味なく単に間を繋ぐだけのように使ったりもするし、

「That’s, hmm, how to say …You know? That’s it.」
「あれ、あのー、なんてゆうんかな、分かるやろ?あれやん。」

と言えば、言いにくいけど空気で伝わるデリケートな話かもしくは思い出せないから「アレ」で済ましたいときです(・∀・)笑

他には「ご存知の通りあなたが浮気した話だけど~」みたいにイヤミにも。(-∀-)笑

これらの意味が同じ一言で伝えられるので英語ってシンプルですヾ(・∀・)ノ

でも言葉が持つ意味が単純な分、言い方や声のトーンだけで相手に伝わる印象は大きく変わるので英語圏の人は表情でカバーします、みんな顔芸達者です(・∀・)笑

 

 

そんな感じで、You know を会話の間にちょこちょこ挟んでいくと英語喋れるヤツっぽさが出ます(・∀・)笑

ですがポイントはサラッと言うこと。(-∀-)あまり毎回「ユーノウ…アー…」と間が空いてしまうと逆に話せない感が際立つので、笑
後に続く言葉を思い浮かべてから前に付け足して使いましょう。

こういう「話せてるっぽい話し方」を意識していると意外とほんとに話せるように…なるかも?(・∀・)
“間” って大事ですからね、会話と笑いでは…。(深)