おすすめのカードローン比較ランキング

coming soon…

ローンの正しい使い方

元金充当分を増やすのが早期完済のコツであり、利息を抑えることになります。ローンは利息の支払いではなく、元金の返済を意識して借りてください。借り方一つで返済期間が大きく変わり、総支払利息にも影響してくるでしょう。

カードローンの用途は原則として不問であり、一部条件を除いて借りることができます。借入できない条件といえば事業資金やおまとめなどでしょう。記載がない場合においては、どのような用途にも対応しています。

用途を聞かれた場合は正直に答えるのがよく、目的がはっきりとしている場合は借入しやすい傾向があります。逆に消費や浪費として使用する場合は審査が厳しくなることがあります。ローン会社としても用途を明確にしてくれたほうが融資をしやすいのが現実です。嘘をついても意味はありませんし、嘘が発覚すると審査は著しく不利になるので注意してください。

歯科治療デンタルローンについて

歯列矯正、オールセラミックなどの治療におすすめのデンタルローンは、低金利かつ総量規制の対象外です。実質年率も低いですし、用途が歯科治療限定のため審査にも通過しやすいです。

ただし審査は若干厳しい傾向があり、即日で借入できないこともあります。審査に落ちてしまった方は、カードローンも含めて考えてみるとよいでしょう。ローンの比較ランキングをチェックすれば、今お得なローンがひと目でわかります。

お得に借入するためには実質年率がポイントとなり、最近は消費者金融ローンもお得になっています。グレーゾーン金利が廃止されたので、実質年率20%を超えることはありません。大抵は18%くらいで借りることができるはずです。

ローンの比較ランキングでは、デンタルローンとカードローンの両方を比較してみましょう。融資までの日数に関しては、即日でなくてよい場合が多いでしょうが、金利にはこだわるべきです。金利を軽視してよいのは10万円以下の少額を借りるときだけです。すぐに返済するなら微々たる違いでしょうが、高額となるとそうはいきません。100万円くらいの借入になると、少しの金利が大きな利息になることを実感するでしょう。

ローン申し込みをする際に気をつけたいこと

カードローンの申し込みにおいては、後ろめたい気持ちがある方もいるでしょう。

デンタルローン等の場合は抵抗がなくても、多目的ローンにはネガティブな印象があるかもしれません。そうした方はバレずに借入できる会社がおすすめで、大手なら失敗はないでしょう。

大手はプライバシー管理を徹底していますから、バレるような案内や在籍確認はしません。例えば勤務先に在籍確認をするときも、バレないように個人名を使ってくれるはずです。

カードローンから借りればいつかバレると考えている方がいますが、バレる借り方をしている方がほとんどです。原因の多くは自分にあるので、バレない借り方を意識してください。借入・返済はATM・銀行振込などを活用すれば安全性が高いです。

ランキング比較においては、郵送物の有無もチェックしておくといいでしょう。最近は郵送物なしのWEB完結できるローンが増えてきており、家族にバレたくない方におすすめです。

郵送物は月に1回の送付が基本ですが、契約期間が長くなるほどバレやすくなります。よくある事例として家族が間違って郵送物を開封してしまうケースがあり、これをされると100%バレることになります。

WEB完結に対応している大手キャッシング会社は、金利もリーズナブルに抑えられているのでお得です。実質年率で17%台で借入できれば、低金利だと考えてよいでしょう。デンタルローンより審査時間が短く、融資まで早いのもメリットです。