デンタルローンは審美歯科を利用するときに役立つローンで、オールセラミックインプラントなどの高額治療に最適です。

デンタルローンの金利は低い

これらの治療は保険の適用外のため、少なくとも数十万円の費用はかかります。

インプラントになれば100万円超えは当たり前であり、貯金をしてから治療を受けるのは簡単ではありません。確かに金利の発生しない貯金を利用するのが得策でしょうが、お金は簡単には貯まらないものです。

人は毎月5万円のローン返済はできますが、5万円を貯めるのは非常に難しいのです。また歯のトラブルというのは早期治療をしたほうが、周りの歯にも負担をかけないというメリットがあります。

たとえローンを利用しても早期治療を受ける必要性は大きいわけです。歯科治療にデンタルローンをおすすめする理由は、目的が決まっているので低金利で借入できることにあります。

実質年率の上限を見るとわかりますが、キャッシングやカードローンよりも低いでしょう。数万円なら微々たる差かもしれませんが、数十万円以上となれば非常に大きいです。借入が大きくなるほど毎月の利息も増えるので、安い利息にするためにも低利率で借りることは大切でしょう。

またデンタルローンは総量規制の対象外のため、目的の金額を借入できる可能性が高いです。消費者金融で200万円を借りるのは容易ではなく、600万円は年収が必要になってきます。消費者金融で借りられる金額の最高は、年収の3分の1なのです。

デンタルローンは大人用のローンだと思うかもしれませんが、お子さんにも利用できます。歯列矯正は子供のうちに済ませておくのが好ましく、これは歯や土台がまだ柔らかいからです。

大人になっても矯正は可能ですが、骨が硬くなりますし時間を確保しにくい問題もあるでしょう。そのため大人になってからの矯正は挫折しやすく、成功しても高額な費用がかかりやすいわけです。せっかく施術を受けるからには、少しでも理想に近づけたいと考えるでしょう。

オールセラミックにしてもインプラントにしても、時期を分けて治療をすると高上がりになります。そのつど技術料がかかってしまうケースが多く、数万円以上高額になるのが普通です。

デンタルローンを活用する

デンタルローンを活用すれば、妥協をしない治療を受けられる可能性が高くなります。

ローンには審査があるので確実に借入できるわけではありませんが、目的が明確になっているので比較的借りやすいです。実質年率は10%前後に抑えられたものが多いですが、これは用途が限定しているゆえの特徴でしょう。

用途不問ローンは確かに好都合ですが、何にでも使用できるので借りすぎの問題があります。そのため実質年率は高く設定されており、利息にも反映してきます。利息を安いものにするには、少しでも利率が低いローンを利用する必要があるのです。

歯は若いうちに治したほうが絶対によく、結果的に費用を安く抑えられます。コンプレックスを抱えたまま生活をするのは辛いでしょうから、早めに治しておきましょう。

デンタルローンは銀行でも取り扱いしており、返済期間が長く設定されたものが多いです。毎月の返済額を圧縮できるので、計画的に返済することができます。

中にはキャッシング機能が付帯したローンもあり、緊急時の借入としても利用できます。自由枠は少額に設定されたものが多いですが、たとえ10万円や20万円でも大いに役立つでしょう。

キャッシングも同時に利用したいと考えている方に最適な商品であり、ともに総量規制の対象にはなりません。

消費者金融のキャッシングを歯科治療に使用する場合においては、年収の3分の1以内の借入に抑える必要があります。借入するときは用途を明確にしておけば、審査に通過しやすくなることがあります。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら