歯の治療費全般に使用できるのが特徴で、目的ローンの一つと言えるでしょう。

目的が決まっているからこそ、低金利で借りることができるのです。実質年率は10%くらいに設定したローンが多く、多目的ローンよりかなりお得になっています。

用途が決まっていない場合は多目的ローンがおすすめですが、決定している場合は目的ローンのほうがお得です。

デンタルローンとその特徴

最初に低金利で借りた人の勝ち

高額の借入をする状況では、僅かな金利が大きな利息となることを覚えておきましょう。

デンタルローンの場合は借入が高額になることが多く、50万円以上になる方が多いでしょう。借入が高額になるからこそ、実質年率はよく比較をして選んでいきましょう。

ローンは原則として契約後に金利が上がることはないので、最初に低金利で借りた人の勝ちなのです。

銀行のデンタルローン

歯科でもローンやクレジットを用意していることが多いですが、お得に借りるためには銀行のデンタルローンが役立ちます。最近の銀行は個人向けローンのラインナップを増やしており、全般的に低金利になっています。

デンタルローンの用途はインプラント歯列矯正オールセラミックなどです。保険治療だと借入なしで受ける方が多いでしょうが、審美治療となると簡単にはいきません。全額自己負担となるので、借入はときに100万円を超えることもあるでしょう。

審美治療を受けるタイミングは早いうちがベストであり、その理由は放置して歯の悩みが解決することはないからです。治療をしないと治らない問題ですから、放置しても意味がありません。突然大金が用意できないというときにこういった制度があることですぐに治療を開始することができます。

申し込み条件

申し込みできる方の条件は、キャッシングとあまり変わりありません。20歳以上から借入可能であり、上限年齢は60代に設定されたものが多いです。完済は70歳までに設定しているローンが多いので、早めに治療を受けたほうがいいでしょう。

中年以降になって借りた場合、返済が厳しくなることがあります。ローンは若いうちに完済しておくのが好ましいため、借入するなら20代~30代くらいがおすすめです。例えば完済に10年かかる場合、25歳で借入すれば35歳で完済できるでしょう。45歳で借入した場合は55歳までかかってしまいます。年齢を重ねるほど予期せぬ出費が増えてくるので、早期完済を視野に入れて借りるのが得策なのです。

限度額は?総量規制の対象となる?

限度額は高額に設定されているのが特徴で、500万円以上も見られます。800万円に対応しているローンもあり、総量規制の対象にはなりません。

デンタルローンは用途が治療に限定されているため、多目的ローンには該当しないのです。総量規制の対象となるのは、キャッシングやカードローンなどの多目的ローンに限定されます。

借入は10万円くらいから対応しているローンがあるので、無理をしなくてよいのが特徴です。1万円単位で調整できるローンもあり、必要額の借入が可能となっています。

無理な借り入れをしないために

無理な借入をしないためには、治療費を抑えることも大切になってきます。審美治療は歯科によって金額が大きく変わるので、複数のクリニックで料金比較をしておきましょう。

歯科治療費をローンでカバーする場合、最初にデンタルローンに申し込んでみるのがよいです。もし借入できない場合は、代用として多目的ローンに申し込みましょう。審査の難易度は後者のほうが低くなっているので、借入できることが多いでしょう。

おすすめは銀行キャッシングであり、消費者金融よりお得ですし高額融資に対応しています。

銀行だと100万円以上を借入できることが多く、実質年率も15%未満に抑えられていることが多いです。デンタルローンと比べると金利は高めですが、早期返済をすることで利息は抑えられます。利息は金利だけで決定せず、借り方、返し方によっても大きく変わります。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら