同じように見えるローンでも、比較するとメリットとデメリットが明確に見えてくるものです。

2つのローンを比較ランキングで比べる

デンタルローンにしてもカードローンにしても、比較ランキングで比べておくのが得策です。

金利、審査・融資時間、借入可能な曜日、申し込み方法などは特に重要でしょう。歯科治療費は高額になることが多いので、長期借入を踏まえて使いやすいローンを選んでください。

金利はデンタルローンが有利

金利は最もこだわるべきポイントであり、0.1%でも低いほうがお得です。

飲み会費用が足りないので借りるという状況なら、多少の金利の差は気にならないかもしれませんが、歯科治療は100万円を超えることが少なくありません。

借入が大きくなるほど、金利の重要性は高くなります。

金利比較ではカードローンよりデンタルローンが有利になっており、3~5%以上も低金利なものが多いです。金利が低いほど毎月の返済によって元金が減りやすくなり、早期にローン契約を終えることができます。

審査・融資はカードローンの方がスピーディー

審査・融資までの時間に関しては、カードローンがスピーディーです。

担保・保証人は不要であり、この点はデンタルローンと同様ですが、多目的ローンのカードローンはスピーディーな融資を売りにしているため、申し込みから最短1時間で借入できるタイプもあります。

昔は融資に数日かかるのが普通でしたが、現在はインターネットが普及したこと、審査基準が最適化されたこと、などの理由によって早くなっています。

最短1時間で借入できるローンの場合は、審査にかかる時間は30分程度になることが多いようです。

借入可能な曜日に関しては、平日はどのローンも対応しています。ただ土日祝日に関しては未対応の会社がありますから、ここはよく調べておきましょう。

お金を借りたいタイミングはある日突然やってくるもので、予想しないタイミングになることが多いです。最近はWEB完結可能なローンが増えており、平日以外も借入できるタイプが目立ちます。

申し込み方法によって融資までの時間は変わってくるので、最短で借りたい方は最速融資が可能な申し込み方法を見ておきましょう。

一般的にはネット契約をしてから自動契約機に行くという方法が最速になることが多いです。歯科治療費が思いのほか高額になって生活費を圧迫するような状況だと、すぐに借りたいと思うはずです。

ローン比較ランキングでチェックすべきこと

お小遣いが不足して困ったような状況では、デンタルローンより多目的ローンが役立ちます。

多目的に借入できるタイプは、原則として一部を除いて用途は問われません。

例えば事業資金やおまとめ融資として借入できないタイプはありますが、それ以外なら問題はないでしょう。

ローンの比較ランキングを見るときは、細かい部分もチェックしておいてください。使い勝手の部分は意外と異なるので、生活シーンに合わせたローン選びが必要になってきます。

最後に

誰にも知られずに借りたい方には、ATMで借りられるタイプがベストでしょう。

ほとんどの多目的ローンにはカードが発行されますが、一部カードなしのローンもあります。

カードを持ちたくない方には、口座振込対応してくれるローンがおすすめです。最近はネットバンキングと提携しているローンが多く、24時間365日の借入・返済ができるタイプがあります。

歯科治療費の調達はときに100万円を軽く超えてしまうので、返済のしやすさも重視してください。

低金利で借入できることは絶対条件ですが、返済の利便性も同じくらい大切となります。

返済方法が多く用意されているローンは計画的に返済できるので、利息を節約する上で役立つでしょう。利息が高額になると返済を圧迫してしまうので、繰り上げ返済を積極的に利用してください。

カードや銀行振込によって繰り上げ返済できるローンは便利です。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら