近年では歯の治療を受けるのあたって、デンタルローンの利用を検討する人が増えています。

その理由として挙げられるのは、インプラント治療や審美歯科の治療など、保険が適用されない治療法を受けたいと希望する人が多くなっていることです。

はじめに

人間が満足な生活を送るために大事な要素の一つが、歯が健康な状態であることです。

歯が健康でなければ、食事をしっかりと噛んで味わいながら食べることができなかったり、しっかりと噛みしめることにより体に大きな力を入れることが出来なかったりと、日常生活の中で色々と不便になってしまいます。

そのため、自分の歯を失ってしまった人の中には、通常の入れ歯よりも自分自身の歯に近い感覚が持てる、インプラント治療を希望する人が大勢いるのです。

また歯は人間にとって機能の面だけではなく、見た目の面にも大きな影響を及ぼすものです。例え顔立ちはきれいであっても、歯並びが悪い状態ではその人の外見的な魅力を大きく損ねてしまいます。

また歯の色が黄色く汚れているように見えると、その人の見た目の印象が低くなってしまう恐れもあります。

そこで矯正治療やホワイトニングなどの、審美歯科の治療を受けようと考える人が、特に若い世代の人たちの中に増えています。

ただ、そういったインプラント治療や審美歯科の治療は、保険が適用されない自費診療となってしまうため、治療が完了するまでに大きな費用がかかってしまうという問題があります。

歯の治療をするためのデンタルローンとは

特に貯金があまりなかったり、収入が大きくない場合が多い、若い世代の人たちがそういった治療を受けたいと思っても、費用の問題が障害となって断念せざるを得なくなる可能性があります。

そのような問題を解決できる手段として注目されているのが、歯の治療をするための医療ローンであるデンタルローンなのです。

このローンは銀行などの金融機関やクレジットカード会社などの信販会社と契約するもので、当然それを受けるためには審査が必要となります。

デンタルローンのメリット

このデンタルローンにはいくつかのメリットがあります。

まず挙げられる大きなメリットは、カードローンなどの一般的なローンと比較すると金利が安いという点です。

これは目的が歯の治療とはっきりとしていることや、返済専用のローンであることが理由となっています。

また、利用条件は基本的に20歳以上の安定した収入のある人とされているため、手続きをきちんとすれば比較的審査に通りやすいという点や、一般的に分割回数を多めにできるので、返済に余裕が持てるという点もメリットだと言えるでしょう。

デンタルローンのデメリット

デンタルローンにはメリットだけではなく、デメリットもあることを知っておくことが大切です。

そのデメリットとしてまず挙げられるのは、基本的に手続きが大変だという点です。

これは融資を受ける際に、その治療にはどれくらいの費用がかかるのかをはっきりさせるために、歯科クリニックで作成してもらった見積書を提出する必要があるからです。

審査の日数に関しても、即日融資が可能なカードローンと比較すると長くかかることになります。

さらに、治療費用に変更が生じて追加融資を受けようとすると、かなり面倒な手続きが必要となるという点も大きなデメリットだと言えるでしょう。

その際には再び審査を受けなければならず、その審査が通らない可能性もあります。もし審査に通らなければ、治療を継続するために他の手段を考えなければならなくなるため、このデメリットに関しては特に留意しておくことが肝心です。

このように、保険が適用されない歯の治療を受けようとする際には、デンタルローンは支払いの面で大きな助けになってくれるものではあるものの、デメリットがあることもまた、事前に理解しておかなければなりません。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら