歯を美しくすることは、多くの人にとって重要な事柄です。人と接する際にも自信が持てますし、笑顔も引き立ちます。

そのためには、一般的な治療では不十分であり、審美歯科による矯正ホワイトニングこそが有効です。

ただほとんどは保険外診療となりますので、金銭的な負担が増えることは避けられません。誰もが一度に何十万もの資金を用意できるはずもなく、別の方法が必要となります。

そこで各地の審美歯科を通して、デンタルローンが紹介されるようになりました。

デンタルローンのメリット

これは金融機関によって提供されるもので、必要な額を前もって揃えることができます。

もちろん返済は月ごとになりますので、経済的負担感を大幅に削減することが可能です。これならば費用を理由に審美歯科治療を諦めずに済みます。

また最初に一括して支払えますので中断する心配もなく、モチベーションという点でも非常に有用です。その最大のメリットは金利の安さに他なりません。

デンタルローンの金利が安い理由

その理由は、目的が医療に限定されているからです。

普通のローンでは大抵用途を利用者が自由に決められます。しかしこれでは、高額な買い物を繰り返して、さらなる借金を重ねることにもなりかねません。デンタルローンはあくまで歯科医療に絞ることで無計画な使用が予防できますので、ユーザーにとっても優しいローンとなります。

また分割回数も多く設定できますので、返済も無理なく進めることが可能です。支払いに関する手数料も抑えられていますので、ますます経済的に治療を実施できます。

もちろん金融機関や借りる額によって条件は変わりますので、事前の細かい確認は必須です。

デメリット

デメリットとしては、追加融資が困難であることがあげられます。

デンタルローンは治療目的に限定されますから、上乗せが必要になることを必ずしも想定していません。それだけに追加融資の際は再審査が厳しくなり、詳細な説明も求められます。

こうした望ましくない事態に陥らないためには、最初にしっかりと担当医と相談することが重要です。ここで明確に方針とそれに伴い費用を確定しておけば、追加融資を強いられることもなくなります。

ローンの申込みは金融機関で行われるものですが、デンタルローンではクリニックの窓口でも手続きが可能です。スムーズに申しこめますから、あまり経験のない人でも安心できます。

ただ必ず規定の審査を経なければなりません。少なくとも安定した収入がある20歳以上というのは必須条件です。もちろん通過を待たずに治療が始まるようなことはないので、落ち着いて待つことができます。

デンタルローンの審査に関して

審査に関しては、金融機関の信用情報データベースに基くことは通常のローンと変わりません。

今まで返済が滞っていたり自己破産の経験があると極めて困難になりますので、注意が必要です。こうした信用毀損に関する情報は最長で10年間保管されます。

また、クレジットカードやローンを断られた記録も残されている点も注意していきましょう。こうした不安材料がある際は、冷静に再考することが求められます。

多額の費用を予告されていると、ついつい手持ちのクレジットカードで支払いたくなるものです。しかしデンタルローンにおける金利の安さというメリットは、かなり魅力的な要素になります。

現在のマネープランを考慮しつつ、自分に適した治療と支払いを構築することは社会人として最低限必要なことです。

歯を綺麗にすることは人生において必ずプラスになる

一度歯を綺麗にしておけば、今後の人生においても恩恵が得られます。

仕事の成功や人間関係の向上を望んでいるのであれば、多少のお金はかかろうとも先行投資は欠かせません。

デメリットも踏まえた上で、デンタルローンを賢く使いこなして、白く整った歯を実現していきましょう。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら