デンタルローンは高額な借入に対応した便利なローンですが、借りるには審査があります。

全員が借入できるわけではなく、通らない人もいるでしょう。

デンタルローンの審査で落ちた人の特徴

落ちた人の特徴を見てみると、借入希望額が大きいことがあります。

当然ながら50万円より200万円のほうがハードルが高くなるのは間違いありません。確かに治療を受けるからには妥協はしたくないでしょうが、そうなるとときに数百万円に達することがあります。

デンタルローンの審査に落ちた場合

ローンは借金である以上、借りたからには返さないといけません。

もし200万円で申し込んで落ちた場合、別のデンタルローンにもう少し金額を減らして申し込みするのがよいでしょう。

場合によってはキャッシングやカードローンで代用をするのもありです。デンタルローンは低金利ですが、ローンは金利が低いほど審査は高いハードルとなります。

無理をせずに借入するためには、低金利ローンにこだわりすぎないことも大切でしょう。

確かに低金利で借りたほうがいいに決まっていますが、審査に通らないようでは意味がありません。超低金利ローンに挑戦するより、キャッシングで代用したほうがいい場合もあります。

キャッシングは比較的借入しやすい

キャッシングは比較的借りやすく、今は銀行でもすんなり借入できることが多いです。

この理由として銀行側がキャッシングに力を入れ始めたことがあります。今や銀行の収入源で大きなものは、住宅ローンより個人向けローンなのです。

希望額にもよりますが、50万円くらいなら借入できることが多いでしょう。

デンタルローン審査におちてしまう原因

ローンの審査に落ちてしまう要因は、どのローンにも共通事項があります。

例えば他社ローンやクレジットカードの滞納をしている場合、借りるのが難しくなるでしょう。

他社借入状況は個人信用情報を閲覧されることで、すべて知られることになります。嘘をついてもバレますから、嘘はつかないようにしましょう。

バレた場合は著しく信用力を落とすので、ありのままの状態で申し込むのが好ましいのです。

年収を多く申告したり、職業を偽ったりするのもいけません。職場には在籍確認の連絡が行くことが多いので、無職なのに特定の会社で働いていると嘘をついてもバレます。

嘘にはデメリットしかありませんし、たとえ嘘が通って借入できても、いずれ返済できなくなるでしょう。複数からの借入がある場合においても、審査で通らない原因となりやすいです。

延滞がまったくなくても、他社のキャッシングから100万円を借りている場合、借入ゼロの人よりもハードルは高くなります。ローンの返済能力というのは総合的に判断されるので、他社ローンも含めて考える必要があります。

他社借入がまったくない状態なら、基本的に金額を大きくしすぎなければデンタルローンの利用ができるでしょう。落ちたという人の理由の多くは希望額にあるため、安く治療を受けられるクリニックを探すことも大切です。

最後に

保険外の治療である審美治療は、自費診療のためクリニックによって料金が大きく異なってきます。

オールセラミックやインプラントなどは、歯科によって料金に2倍もの差が生じることがあります。

オールセラミックを例にしても、1本15万円の歯科もあれば、7~8万円で治療できる歯科もあるのです。技術力に大きな差がないとすれば、安いほうがいいに決まっているでしょう。

モノやサービスの品質と値段は比例することが多いですが、審美歯科治療においては例外も多くあります。高ければいいとは限らないため、費用対効果で探していきましょう。

治療費を抑えることができれば、デンタルローンで借入する金額は少なくなるので、審査に通過しやすくなるでしょう。ローン利用における属性では年収・職業などが大きく関係してきますが、それ以上に希望額がモノを言います。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら