歯科治療の方法、種類には非常に多くの種類がありますが、これらの治療は大きく分けると健康保険の適用対象になるものとならないものに分類できます。

健康保険の適用対象になるもの・ならないもの

例えば虫歯になったところに詰め物をする際にも、いわゆる銀歯、金歯など金属で詰め物をする方法のほか、金属を使わずにセラミックやレジンで詰め物をする方法があります。

より一般的なものは銀歯や金歯かもしれませんが、銀歯は色が銀色というだけで実際には銀以外の金属も使っているために金属アレルギーの心配もあります。

金歯については実際に金など貴金属中心ですので金属アレルギーの心配は少ないのですが、色が明らかに元の歯と異なるために美しさという点で若干気になる人もいますし、価格面でも高価になります。

このような金属アレルギーや見た目の美しさということを気にする人のために、セラミックやレジンといった新しい素材で詰め物をする方法もあります。

これらの方法については、まず健康保険の対象になるかどうかが異なります。健康保険の財源には限りがありますので、あまりに高額な治療についてまで保険で償還していては財政が破綻するというのがその理由の一つです。

保険の対象になれば窓口では3割負担で済みますが、対象外ですと10割負担となりますから、その差は小さくありません。

対象外のものを自費治療と呼んだり、自由診療と呼んだりします。

詰め物の例で言えば、いわゆる銀歯のみが健康保険の対象で、金歯やセラミック、レジン治療は自費治療、自由診療となっています。どんな医療でも健康保険の対象になるわけではないということです。

医療費控除制度とは

ところで、健康保険の対象かどうかということとは別に、医療費控除という制度があります。

医療費控除制度とは、1年間に医療機関の窓口で支払った医療費の合計が10万円を越える場合に、確定申告を行うことにより越えた分の一部が還付される制度です。

高額の医療費は当然ながらその患者さんの生活を圧迫しますから、少しでも負担を軽減するために設けられた国の制度です。健康保険と同様に、医療費控除においてもどんな医療であっても控除の対象となるわけではありません。

ただし、健康保険の対象になるものと医療費の控除対象になるものは同じではありません。医療費の控除対象になるもののほうが範囲が広いのです。

セラミックなどの自由診療は医療費控除の対象になるか

健康保険の対象とならず自費治療や自由診療になってしまうものであっても、その治療が一般的に行われていて、かつ著しく高額ではないものである限り、医療費控除としては認められます。

歯科の詰め物の例で言えば、銀歯はもちろんのことですが、金歯やセラミック、レジン治療であっても既に一般的であり、かつ著しく高額なものとは言えませんので、医療費の控除対象となります。

ですから、健康保険の対象にはならず窓口では10割負担となっても、後日確定申告をすることでその負担の一部が軽減されるということです。

医療費控除は、歯科治療だけでなく、1年間にかかった医療費を全て合計することができます。病気やケガで病院やクリニックに行ったときの治療費も含めることができますし、ドラッグストアで風邪薬や胃腸薬などを購入したものも医療費であることは間違いありませんから、対象に含めることができます。

これらの合計が10万円を越えるときには確定申告することができますので、医療費の領収書は捨てたりせずに取っておくようにしましょう。

なお、誤解してはいけませんが、10万円を越えた分は全額が還付されるわけではありません。あくまでも越えた分の一部です。

一部とはどれくらいかというのはその人に適用される所得税率によって異なるのですが、10%か20%という数字が適用される人が大半でしょう。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら