歯科医院でのセラミックなどの自費治療や自由診療は医療費控除の対象になるのでしょうか?

こういった疑問をまとめたので紹介します。

医療費控除とは?

医療費控除は1年間に支払った医療費の合計が10万円を超える場合、払い過ぎた所得税を還付することができる制度です。

自分や家族で合計し、1年間に10万円を超える医療費がかかると、確定申告を行う ことによって一定金額の所得の控除を受けることができ、税金が減税される制度で、確定申告によって住民税も軽減することができます。

確定申告は5年前まで遡って還付を受けることができ、申告を忘れて いたり、医療費が控除の対象になるのを知らなかった人も申告することが可能です。

年をまたいで医療費を支払うよりも、1年間払った方が還付金は多くなるケースがあります。

自由診療や自費治療などの保険外治療も医療費の控除の対象になる

自由診療や自費治療などの保険外治療も医療費の控除の対象になるので、確定申告を行うことによって治療費を抑えられるでしょう。

歯科治療は保険適用範囲外の自費治療や自由診療、高価な材料を利用する場合、治療費が高額になる可能性があります。

このような場合、一般的ではない水準を超える特殊なものに関しては医療控除の対象にはなりません。

セラミック治療は?

現在セラミックなどは歯の治療材料として使用されているので、医療費の控除の対象になります。

歯列矯正の場合、子供の成長を阻害しないよう歯列矯正を利用する人の年齢や理由などによって歯列矯正が認められる場合、医療費控除の対象になります。

同じ歯列矯正でも審美を目的にした歯列矯正の場合、控除対象にはなりません。

大人の歯列矯正の場合、美容ではなく咀嚼障害・噛み合わせなどの改善が治療目的である場合、診断書があると控除が認められるケースもあります。

治療するための通院費も医療控除の対象で、付きき添いが必要な場合も付き添い人分の交通費も通院費に含めることが可能です。

尚、マイカーで通院した際のガソリン代と駐車代は医療控除の対象にはなりません。

医療費控除を受ける場合

医療費控除を受ける場合、それぞれの年に支払った金額が各年分の医療費の控除の対象になります。

健康保険組合などから補てんされるような金額がある場合、補てん対象である医療費から差し引かなければいけません。

つまり、医療費控除額=実際支払った医療費の合計額ー保険金で補てんされる金額ー10万円になります。

保険金で補てんされる金額とは、生命保険契約において支給される入院費の給付金や、健康保険などで支給される療養費や家族療養費、出産育児一時金などが含まれます。

10万円を差し引きますが、年間所得が200万円未満の際、所得x5%を基準とし超過分に適用されます。

医療費控除額が明確になると、還付金額の概算を計算することが可能です。還付金額の概算は医療費控除額×所得税率になります。

デンタルローンを利用すると便利

控除されるとはいえ高額になるので、デンタルローンを利用すると便利です。

簡単に言うと利用目的を歯科治療費に限定している立替払制度のことです。

信販会社が患者に代わって医院に治療費を立替で支払い、患者は信販会社に対して治療費に手数料をプラスした金額を分割で支払うという仕組みになっています。

インプラントなどの矯正歯科治療のような自費治療は、高額な費用になるので、治療を迷っていた人もいるでしょうが、信頼のできる医院で安全・安心に治療をするため、無理のない負担額で毎月支払えるデンタルローンを利用する方法もあります。

インプラントの場合、1本の手術費は、だいたい30万円~50万円くらいと言われています。補助治療などの料金もプラスされることがり、費用は歯科医院によって異なります。医院の立地や設備、専門性や使用する材料などで金額も分かってくるでしょう。

複数の歯科医に相談し、治療の中身や見積もりの明細、追加費用などをきちんと事前に確認し、施術を利用すると良いでしょう。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら