自然歯に近い白い被せ物や詰め物を使った虫歯治療や歯並びを正す矯正治療。

昨今、注目を浴びているインプラント治療などは、基本的に審美目的の治療とみなされるため、保険適用外となり、治療費は高額となってしまいます。

そのため、治療費のことを考えると本来受けたい歯科治療ではなく、保険適用の治療を選択せざるをえないという方もいるはずです。

しかし、こうした高額となる歯科治療を受けるために専用のローンを用意している歯科医院も数多くあります。

ですので、治療が高額となると予想される場合は、事前にローンに対応しているのかどうかを確認しておくと、無理のない範囲で支払いを行えるようになりますので、高額な治療を選択肢にいれることができるはずです。

はじめに

デンタルローンのメリットは、歯科治療に特化しているということです。

そのため、治療内容によって利用額を決めることが出来ますし、一般的なローンと比べると金利も抑えられており、分割回数が多くなっていますので、余裕を持って返済をすることができるのです。

また歯科医院が窓口となってくれるため、複雑な手続きはなく、気軽に申し込むことができるというのもメリットといえるでしょう。

しかし、デンタルローンもローンの一つですから、当然、利用する前には審査があり、それに通らないと利用することはできません。

そこで気になるのがデンタルローンの審査の難易度でしょう。

デンタルローンの難易度

実は一般的なローンと比べてその難易度は高くなっており、申込んだものの落ちたという人も少なくありません。

ですので、実際に治療を始める前になぜ落ちてしまうのかという理由を知って、自分がそこにあてはまらないかどうかを確認しておいた方がよいでしょう。

なぜなら、もし、治療を始めてしまってからローンが使えなかった場合、治療費の支払いに困ってしまう可能性が出てくるからです。

そうならないためにも事前に自分は大丈夫なのかを確認することが重要なのです。

審査に通らない理由

審査に落ちてしまう理由はいくつかありますが、まず挙げられるのが他に商品扱いのローンを利用しているケースです。

例えば、マイカーローンや住宅ローンなどがありますが、デンタルローンも商品扱いのローンですので、他でこうしたローンを利用している間は審査に通るのが難しくなっています。

また一般的なカードローンも同様に返済が残っている場合は、難しいと考えられます。もちろん延滞や債務整理中であれば絶対に通ることはないでしょう。

他にもクレジットカードの当月分の支払いが終わっていない場合も落ちてしまうことがあります。

デンタルローンは保険適用外の高額医療費を負担するローンですから、他でローンを利用中であったり、支払いが残っているような場合は、厳しくあつかわれることとなるのです。

このようなことを踏まえておけば、申し込みを行う前に自分が審査に通る可能性があるかどうかをある程度予測することができるはずです。

審査に落ちてしまった場合の解決法

では、もしも、通らない可能性の方が高い場合や申込んで落ちてしまった場合、希望の歯科治療を諦めるべきかというと、必ずしもそういうわけではありません。

歯科治療の支払いには代わりとなる支払い方法が用意されていることがあります。その代表的な方法がクレジットカードでの分割払いです。

この場合、金利は高くなりますが既に持っているクレジットカードですので、特に申し込みなどを行うことなく利用することができるはずです。

またそうした方法以外では、自身で比較的、通りやすいとされる多目的ローンを利用するという方法も考えられます。

業者によって審査基準は変わりますので、デンタルローンがダメだったとしても同じ結果になるわけではありません。

ですので、どうしても受けたい歯科治療があるのであれば、こうした選択肢も検討してみるとよいでしょう。

高額な歯科治療の金額を抑える

歯科治療は高額になりがちですが、同じ治療でも歯科を選べば大幅に費用を抑えることができます。

歯科選びについてはこちらのサイト「元歯科助手が話す歯の本音ブログ」で詳しく紹介されているので参考にされてください。

おすすめカードローン比較ランキング

おすすめカードローン比較ランキングはこちら